トピック

屋根塗装や、屋根工事とは?

戸建てを立ててから時が経つと屋根のコケや色褪せ、お家の劣化も目立ってきます。

そうなるとやはり見栄えも悪くなり塗り替えをお考えの方もいらっしゃると思います。

お家をキレイにしたい、外観変更をしたいという役割ももちろんありますが、

屋根塗装の必要性や重要性をご説明させていただきます。

一般的な屋根塗膜の耐久年数は10年~15年持つと言われておりますが、新築の場合立ててから築10年が大体の塗り替え目安になります。

屋根は経年劣化に加え日光、雨、風など一番環境に晒される場所です。

屋根の塗膜は屋根事態を守るコーティングのような役目を果たしてくれます。

ですが塗膜が劣化することにより「雨漏れ 屋根材の剥がれ」など様々な問題が出てくる場所でもあります。

屋根の経年劣化が明らかになるのは一般的に築10年、前回の塗装から10年~15年と言われてます。ですがあくまで目安になります。

雨漏れ、ヒビ割れ、剥がれ、コケや藻これらが確認できた場合は屋根塗装をして頂いた方が良いかと思われます。

 

屋根塗装のメリットとは…

 

 

① 防水性の向上

屋根は構造上どうしても一番雨に当たります。普段撥水しているように見えてもそれは重力で雨が落ちているだけで実際塗膜の油分が経年劣化で減っていき雨漏りの原因になります。塗膜を塗り直す事で撥水性が向上し、雨漏りの原因を作らないことがお家を長持ちさせるコツです。

 

② 防錆性の向上

再塗装を行う場合ケレン(ヤスリやヘラなどで鉄部の汚れや錆、旧塗膜を剥がす工程)を先に行い、その上に錆止めを塗ります。その後塗装することにより、棟板金や屋根材の錆の発生を抑えます。

 

③ 屋根材の耐久性を維持する

屋根材を再塗装する事により撥水性、防水性が回復し金属部分へのダメージを防止する事が出来ます。

撥水性、防水性を失うと後に屋根葺き替え工事が必要になることや、腐食の原因になっていきます。

定期的な屋根塗り替えは家を守るための大切な作業の一つです。

 

④ 抗菌性を高める

再塗装する事により屋根材に付着する様なカビやコケなどの発生を抑える事が出来ます。

 

④ 遮熱 断熱作用

遮熱塗料、断熱塗料を使用する場合冷暖房のコストを抑えることが出来ます。(立地などにより個人差有)

 

屋根塗装のタイミング

 

コロニアルやカラーベストとも呼ばれるスレート屋根は、国内の住宅で最も一般的なタイプの屋根材として使われています。

屋根の塗装は新築から少しずつ劣化していき、塗膜が剥がれてしまう、防水性が無くなり雨漏りしてしまうなどの原因になりますので、定期的にメンテナンスや検査などを検討した方が良いです。

大体7年~10年ほど経つと状態が悪くなりやすいですので、この辺りでの塗装をおすすめ致します。ただ足場工事の値段も安くは無いので外壁塗装とセットで行う場合がほとんどになります。

スレートが変形してしまったり欠けている、ひびが入っている、コケや藻が多く付いている場合は劣化のサインです。この場合年数とは関係無く塗装する事をおすすめ致します。

塗装の目安として、サビが出てきたりコケ等が生えてきた場合にご検討頂くのが大切です。サビが悪化していくと穴が開き、塗装だけでは対処できなくなる場合も多いです。

 

屋根の各種リフォーム

 

 

  • 屋根塗装

新しい塗膜を塗り直す事で、屋根の外観の変化、耐水性、撥水性、遮熱性、断熱性などの機能を高める方法です。

屋根工事の中で費用が掛からない方法の一つですが、劣化や破損が激しい場合は屋根塗装だけで補う事が出来ず、カバー工法や葺き替え工事を検討して頂く場合もあります。

状態が悪化している屋根に無理矢理塗装をしても塗料の接着率が悪くなり本来の耐久年数を下回る場合もありますので、劣化し始める10年前後での再塗装をおすすめ致します。

 

  • カバー工法

屋根に新しい屋根を被せるリフォーム方法で、既存の屋根はそのまま残すため屋根が2重になります。

解体をしないので廃材等が出にくいためその分費用が節約出来ます。

厚みがあり波型の形状の屋根である瓦屋根に屋根材を重ね、固定する事が困難なためカバー工法には不向きです。

 

  • 葺き替え

古くなった屋根材を撤去し新たな屋根に取り換えるリフォームです。

解体・撤去の費用でカバー工法より高く付きます。

ですが軽くて地震に強い屋根やこれまでとは全く違う屋根に変更したりすることも出来ます。

 

屋根の塗料の種類

 

  • フッ素

耐熱性、耐寒性、低摩擦性、不燃性と幅広く効力があります。

少々価格は高めですが、15年ほど持つと言われている塗料です。

頻繁に手入れをせず済みますので施工後はとても楽になると思われます。

 

  • シリコン

価格が安い上に紫外線に強い、防汚性もありコストパフォーマンスがとても良いです。耐久年数の目安は大体7年~10年前後になります。

 

  • ウレタン

安価な塗料で、耐摩擦性や光沢が持ち味です。

耐久年数は大体5年~7年で、現在はシリコン系が主流ですが、シリコン系が出るまではウレタンが主流でした。

 

  • アクリル

最も安価な塗料ですが、耐久年数が4年~6年と少々短いです。

耐久年数から屋根塗料としてはほとんど使われません。

コンスタントに外観を変えたい方や短期間の塗装を希望される方におすすめです。

 

作業工程

 

 

① 近隣住民の方々への挨拶

足場工事など音が出る作業もあり、作業車の出入りもあるためまずは近隣住民の方々へご挨拶させて頂きます。

 

② 足場設置

正確で丁寧な作業、事故防止、洗浄水や塗料の飛散を防ぐ目的がありますので基本的な屋根外壁塗装では足場を設置させて頂きます

 

③ 高圧洗浄

屋根のコケや外壁の汚れ、旧塗膜を業者用の威力が強い高圧洗浄機で落としていき塗料の粘着性を高めます。

 

④ 下地処理 ケレン

高圧洗浄で落ち切らない汚れやサビ、旧塗膜などの劣化部分を処理し平滑に整えます。

 

⑤ 下塗り

壁材屋根と中塗り上塗り(仕上げ塗料)を密着させるための工程です。

 

⑥ 中塗り

下塗り後、上塗り前の塗装工程で、上塗りと同じ塗料で1回目の塗装になります。

 

⑦ 上塗り

中塗り後同じ塗料で2回目の塗装を行います。ムラが無い様中塗りの上を塗っていきます。

 

⑧ 縁切り

塗料乾燥後に、屋根材の隙間の塗膜を切り、水の通り道を確保する工程です。縁切りをしないと屋根材の重ね目の隙間が塗膜で塞がり、雨水が侵入しやすくなってしまいます。

 

⑨ 点検

塗残しや飛散が無いかを隈なく確認し、是正を行っていきます。

 

⑩ 足場の解体、撤去

塗装の完了後確認を行い、足場を解体して行きます。この作業が最後の作業になります。

 

 

屋根塗装の相場とは…

 

塗面積が50㎡~80㎡程の一般的な2階建住宅の場合で相場価格が大体40万~60万(足場費用込み)ほどになります。

各業者でそれぞれ多少なりとも違いはもちろんあります。

※あくまでも相場価格になりますのでご了承ください。

 

記事のまとめ

 

 

マイホームを建てから時間が経ち、お家に慣れて来ると普段からのお家の変化にどうしても気付けない事もあると思います。

外壁塗装や屋根塗装は決して安い物では無いため手入れをされない方もいます。

ですが材料には寿命があり、劣化がどんどん進んで行くとどうしてもリフォームなどが必要になり、もっと多くの費用が必要になっていきます。

塗装はお家のバリアの様な役目もあります。そうなる前にもお家を塗装する事でキレイに、そして耐久性の向上をし、お家を守っていく事が重要になるのです。

PAGE TOP