外壁・屋根塗装の塗り替えに最適な時期、シーズンは?

お住まいの家の外壁や屋根の塗り替えをしたことはありますか?家を建ててから年数が経過していると、ふとしたときに汚れが気になって再塗装を検討することもあるかもしれません。ですが、つい後回しにしてしまったり、「雨漏りをしているわけでもないからしばらくは必要ない」と考え直したりすることも多いのではないでしょうか?

たしかに雨漏りなど建物内部に影響を及ぼすようなことがあると急を要すものの、外壁や屋根は家の中で生活している分にはあまり汚れやコケなどにも気づかないことも多いので、塗り替えをすべきタイミングを逃すこともあるでしょう。当記事では、外壁や屋根の塗り替えはいつ行うべきなのか、具体的な時期やシーズンを解説していきます。

外壁・屋根は塗り替えないとどうなる?

外壁や屋根の塗り替えは自分一人で簡単にできるものではないので、必要に迫られないとなかなか腰が重いかもしれませんが、家を建ててある程度年数を経ている場合、実は気づいていないだけで既に塗り替えが必要な状況になっていることもあるかもしれません。

たとえば住宅の外壁においてよく使われる窯業系サイディングボードやモルタル壁はセメントが主成分なのですが、それ自体には防水性能がないため、表面を塗装することで保護しないと内部に水がしみ込んでしまうおそれがあります。

ある程度年数の経過した住宅では、この塗膜が劣化し、充分な保護作用が働かなくなってしまいます。するとそれまで塗装によって防ぐことのできた風雨や紫外線の影響を外壁材が直接受けることになり、建物の劣化、腐朽を進めることにつながるでしょう。

外壁は外観を整えるだけでなく、建物を保護する役割も担っているのです。そのため、塗り替えに適した時期を逃すと、再塗装だけでなく、最悪の場合は建て替えなど大規模なリフォームが必要になる可能性もあるので注意してください。

屋根においても同様です。塗り替えをせずにそのまま放置した場合、雨漏りなどが原因で建物内部を傷めることにつながるため、本来は再塗装すれば万全だったはずなのに、葺き替え(屋根全体のリフォーム)が必要になるという事態に発展する可能性もあります。どちらも当然ながら工数、コストどちらもかかるため、きちんと塗り替えの時期を見極めることが重要です。

塗り替え時期はいつ?

では、実際にどのくらいの頻度で塗り替えるとよいのでしょうか?

外壁の塗り替え時期

一般住宅ではシリコン塗料やウレタン塗料(ベランダの防水工事など)が使われることが多いですが、それぞれ塗り替えの周期は10~15年と8~10年ほどといわれています。

もちろんお住まいの地域によって気温、湿度、紫外線の量など環境が異なるため、一概にはいえませんが、だいたい「10年ごとに再塗装を繰り返す」というのを目安にするといいかもしれません。

屋根の塗り替え時期

一般的な屋根材は下記の4種類といわれています。

・スレート瓦

耐用年数:20~25年、塗り替え目安:5~10年ごと

・セメント瓦

耐用年数:30~40年、塗り替え目安:5~10年ごと

・日本瓦

耐用年数:50~100年、塗り替え:必要なし(ただし漆喰部分や瓦ズレなどの補修が必要)

・金属(トタン屋根)

耐用年数:30~60年、塗り替え目安:5~10年ごと

屋根材によって耐用年数は異なりますが、塗り替え目安はいずれもそれらより短く、5~10年ごと。先述の外壁の塗り替え目安よりも短いですが、それは外壁より屋根の方がより風雨や紫外線にさらされる過酷な状況にあり、傷みやすいからです。

塗り替えの周期が10~15年といわれている比較的長めのシリコン塗料を使った場合も、外壁よりも早くに再塗装の検討が必要になるでしょう。また、外壁よりも目につきにくいため、劣化に気づきにくいということも考えられます。「雨漏りしていないからまだ必要ない」と思わずに、むしろ雨漏りを未然に防ぐために早めに塗り替えを検討するべきです。

塗り替え時期を見極めるコツ

繰り返しになりますが、家はそれぞれ異なる環境に建っており、同じ条件下で外壁や屋根の塗り替え時期を判断するのは難しいです。上記で説明した周期はあくまで目安となる年数だと考え、今お住まいの家の塗り替えが必要なのかどうか見極めるポイントを説明したいと思います。

外壁の現象とメンテナンスの要否

お住まいの家の外壁にはどんな現象が現れているでしょうか?確認してみてください。

・色があせ、艶がなくなっている

紫外線などの影響で本来の塗膜の色があせてしまったり、艶がなくなってしまったりしている状況です。美観を保つためには塗り替えたいところですが、ひとまず経過観察しましょう。

・コケが生えている

コケが生えるのは塗膜の防汚性能が落ちたためと考えられます。あまりにも量が多い場合は塗り替えが必要です。

・チョーキング

指で触れたときに白い粉がつく場合は、塗膜成分の劣化によって顔料が露出している可能性があります。早急に塗り替えを検討しましょう。

・塗膜が膨張し、はがれている

塗膜が外壁から剥離している状態なので、やはり早急な塗り替えが必要です。

・クラック

外壁にヒビが入っているのを発見したら、すぐに塗り替えるようにしましょう。

以上のとおり、基本的にはチョーキング以降の現象が現れた場合には早急に塗り替える必要がありますが、それ以前の場合も程度によっては再塗装した方がよいでしょう。またそのとき、屋根は外壁以上に劣化している可能性があります。

屋根の現象とメンテナンスの要否

次は屋根を見てみましょう。登って確認するというのも難しいと思うので、庭などから双眼鏡を使ってみてください。

・色あせ

外壁同様に、塗膜が劣化し始めると本来の色よりもあせてきます。すぐに塗り替えを検討する必要はないかもしれませんが、外壁よりも屋根の方がダメージが大きく、劣化の進行度合いも早いため、あまりのんびりもしていられないかもしれません。

・コケやカビ

外壁同様に、塗膜の防水性が低下するとコケやカビが発生することがあります。程度によってはひとまず経過観察して様子を見てもいいですが、塗り替えを検討し始めてもよいでしょう。

・瓦のひび

瓦にひびが入っている場合、そのまま放置していると割れて滑落する可能性があります。特に台風のシーズンなどは充分な注意が必要です。瓦が落ちてしまうと、その大きさにもよりますが、防水材、そしてそれを止めている釘がむき出しになることがあり、釘穴を伝って雨水が入り込んで雨漏りにつながるおそれがあります。早急にメンテナンスするようにしましょう。

・棟板金の浮き、釘抜け

スレート瓦や金属屋根の場合、棟板金が気温に合わせて膨張したり収縮したりするのを繰り返すことで、それを止めている釘が緩み、棟板金が浮く、釘が抜けるといった現象が起きることがあります。最終的には下地材がむき出しになってしまうことにもつながるので、この場合も早急に対応しましょう。

・漆喰の剥がれ

セメント瓦や日本瓦の場合、接着剤として漆喰を使うのですが、これにひびが入っていたり剥がれ始めていたりするのが地上から見えた場合には、やはり早急なメンテナンスが必要です。瓦を固定させる力が弱まっている状態なので、ズレたり落ちたりすることが考えられます。

外壁・屋根の塗り替えに適したシーズンは?

よく「外壁塗装するなら春か秋がいい」といわれているのをご存じでしょうか?地域やその年の天候にもよりますが、基本的に春と秋は湿度が低く、塗料が乾きやすいためです。とはいえ必要に迫られている場合、春か秋になるまで待って塗り替えを依頼するというわけにはいかないですよね。シーズンごとに塗装に向いているポイントと懸念点を挙げていきます。

【春(3~5月)】

・比較的降水量が少ないため作業が進めやすい

(ただし4,5月は天候が不安定になることも多い)

・養生のために窓を閉め切っても過ごしやすい

・繁忙期のためコストが上がることもある

【夏(6~8月)】

・雨の日が多いため工期が延びがち

・湿度が高い日も多いため作業が進められない

・気温が高すぎて塗装面の温度も上がるため塗装できないことがある

・養生のために窓を閉め切ると過ごしにくい

【秋(9~11月)】

・比較的降水量が少ないため作業が進めやすい

(ただし台風シーズンでもある)

・養生のために窓を閉め切っても過ごしやすい

・繁忙期のためコストが上がることもある

【冬(12~2月)】

・地域によっては霜、雪などが降るため作業が進められない

・日照時間が短いため、1日に塗装できる範囲が比較的狭まり、工期が延びやすい

・年内に工事を終わらせたい人も多いため12月は人気の時期でもある

一般的に塗料の硬化や乾燥に適しているのは「気温:15~30度、湿度:75%以下」という条件だといわれています。そのため先述のとおり「春か秋がいい」といわれることが多いのですが、お住まいの地域やそのときの気候によっては夏や冬も作業が可能です。

外壁・屋根の塗り替えに適した時期とシーズンは?

これまでの説明をもとに、外壁や屋根を塗り替える際にはだいたい10年を目安に検討する必要があり、シーズンは春か秋に行うのが適しているということがわかりました。とはいえお住まいの地域や環境などによって塗り替えが必要なタイミングは異なるため、上記を参考に検討してみてください。また、できれば外壁を塗り替える際は屋根も併せて塗り替えることをおすすめします。というのも、屋根のみを塗装する場合も足場は必ず設置しなくてはいけないので、別々に行うとそのたびに費用がかかるのです。当然ながら外壁のみ、あるいは屋根のみを塗装するよりも工期は延び、コストも上がりますが、長い目で見るとお得になることが多いでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP